顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の病気は?経歴や出演ドラマは?

2020年3月27日

【顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の病気は?経歴や出演ドラマは?】

12月13日放送の、

爆報!THE フライデー【顔を失ったイケメン俳優&元力士W大転身!年商5億】

では、難病と闘っている間瀬翔太さんについて放送されていましたね。

 

そこで今回は、

【顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の病気は?経歴や出演ドラマは?】

についてみていきたいと思います。

顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の経歴や出演ドラマは?

まずは、間瀬翔太さんのプロフィールや、経歴などをみていきたいと思います。

 

名前:間瀬翔太(ませしょうた)

生年月日:1986年4月27日

出身:北海道夕張市

血液型:A型

特技:声マネ、即興なぞかけ、即興ラップ

 

17歳の時に、代々木公園でスカウトされ、

「BLIZZARD」というアイドルユニットのメインボーカルとしてデビューされたそうです。

このグループの解散後、俳優として活躍されています。

 

俳優としての出演作品は、

映画「新宿スワン」、「ラブ&ピース」や

ドラマ「プラトニック」、「武蔵忍法伝 忍者烈風」、「妖ばなし」シリーズ

などがあるみたいです。

 

また、2018年にはテレビドラマのエンディングテーマにも起用されるなど、

曲も出していらっしゃるそうで、元アイドルということもあり、歌唱力にも評判があります。

顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の病気「脳動静脈奇形」とは?

そんな、間瀬翔太さんですが、

2019年に10万人に1人と言われる難病「脳動静脈奇形」にかかってしまいます。

 

この「脳動静脈奇形」という病気は一体どんな病気なのでしょうか。

 

調べてみたところ、

まず先ほど紹介しました通り、10万人に1人の確率でかかる病気でして、

生まれる前から小児のときにかけてできる脳の血管の奇形であり、

異常な血管のかたまり(ナイダス)が動脈と静脈をつなげているということだそうです。

脳出血につながる恐れがあり、くも膜下出血になる可能性もあります。

また、出血をしていなくても、けいれんが起きたり、頭痛などの症状がでるとのことです。

 

間瀬翔太さんは、2019年7月のレコーディング中に、

これまでに経験したことのない酷い頭痛を訴え、

病院で診てもらったところ、脳内出血が判明したそうです。

しかし、通常の脳内出血とは異なる部分があったそうで、

詳しく検査をしたところ「脳動静脈奇形」と判明したそうです。

「顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の病気は?経歴や出演ドラマは?」のまとめ

今回は、

【顔を失ったイケメン俳優・間瀬翔太の病気は?経歴や出演ドラマは?】

についてみてきました。

 

間瀬さんは現在も治療中のようですが、病気と闘いながらも映画出演をするなど、

ファンの声援に励まされ、芸能活動も頑張っているようです。

これからも間瀬翔太さんを応援していきたいと思います!

 

この記事をきっかけに「脳動静脈奇形」という病気を一人でも多くの方に知っていただき、

また、この病気と闘っている間瀬翔太さんについても知っていただけたら幸いです。